RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

三流起業家のつぶやき!

三流には、三流たる所以があるのだろう。
反省の意味合いもあり、綴ってみたい。
人生50年の大台を越え、サラリーマンであれば定年までの最終章。
ドラッカー提言の75歳まで働くことを前提にすれば、
まだ“ひと人生”は十分にある。
<< 総合的にCSRを考えることが大切、1 | main | CSRは“エコ”とする短絡的なビジネスマン >>
ワークシェアをすると、正規雇用者の給与削減の手段になる
0
    民主党の鳩山さん含め、出席者の多くが、企業の人件費削減の手段にされると主張する。

    ほんとにそうなのか?
    ワークシェアは企業の経営側が一方的に決めることは、端からできるものではない。
    この方たちは、性悪説派なのだろう?

    株式会社として、日本を代表する国際的に活躍する企業が、会社経営の戦略を蔑ろにして、社会主義、共産主義のように、これまでの利益を放棄して、短絡的に内部留保を放出したり、株主配当を減額することは難しいことであることは、当たり前の話である。

    しかし、そこにはバランス感覚というものがあるだろう。

    社会全体として、企業単体であっても労使の話し合いのバランスの中で、如何様にも、ワーク・シェアリングを取り入れ、社会に与えるダメージを最小限に抑えることはできるはずだ。

    短絡的なものではない。
    | 今日のつぶやき | 11:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.bd-con.com/trackback/931955