RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

三流起業家のつぶやき!

三流には、三流たる所以があるのだろう。
反省の意味合いもあり、綴ってみたい。
人生50年の大台を越え、サラリーマンであれば定年までの最終章。
ドラッカー提言の75歳まで働くことを前提にすれば、
まだ“ひと人生”は十分にある。
<< 卸会社の我がままとも言える“返品”という習慣 | main | 07年度は企業倒産(件数、負債額とも)過去最多! >>
偽装はとまらない、文具にまで!
0
    三菱鉛筆とセーラー万年筆、ぺんてる、再生樹脂の配合率偽装で。
    http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20080304AT1D040AA04032008.html
    これまで、企業は偽装を悪とはしていなかった。
    利益のための“正義”がそこにはあった。
    自分勝手な正義感が、暗黙の中で、罷り通っていたのだ。

    そして、内部告発という観念も薄いものであった。
    利害を通して、同一であれば、仲間なら裏切らない。
    裏切ったら、村八分!仲間ではなくなるから、よっぽどでなければ裏切らない、という甘えだ。

    しかし、世の中は、アングロサクソン的なコンプライアンス社会になった。
    企業は、その社会的責任を果たさなければならない。
    上場企業であれば、尚更である。

    食品偽装、住宅も偽装、エクステリアも偽装、、、おそらく偽装率0%という企業がいかほど存在するのだろうか?
    はなはだ疑問である。
    いま、この時期、偽装の華が咲き乱れている間に、偽装を告白すれば、世の中の批判の矛先は集中せず、その意味で“負荷分散”される絶好の機会である。

    さあ、みんな、今のうちに、我先に白状するが良い。
    自分偽装術―自分自身にゲタをはかせて絶対優位に立つ「背伸びの法則」
    自分偽装術―自分自身にゲタをはかせて絶対優位に立つ「背伸びの法則」
    内藤 誼人



    | 今日のつぶやき | 01:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.bd-con.com/trackback/580823