RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

三流起業家のつぶやき!

三流には、三流たる所以があるのだろう。
反省の意味合いもあり、綴ってみたい。
人生50年の大台を越え、サラリーマンであれば定年までの最終章。
ドラッカー提言の75歳まで働くことを前提にすれば、
まだ“ひと人生”は十分にある。
<< 東海地方は梅雨明け | main | ケータイ・キャリアの値引き合戦も >>
日本の起業が欧米に比べて少ない訳、、、、
0
    TXTVのワールド・ビジネス・サテライトで、欧米との比較で日本は起業よりも廃業が大きい、この何年間で101万社が目減りしている。
    欧米では、起業と廃業がほぼ同じか、起業が多いということだ。

    1円の資本金で株式会社が設立できるようになったのに何故でしょう?とキャスター氏。

    ロジックは簡単である。
    1.1円で起業しても、ビジネスにはなかなかならない。
    2.起業することが目的ではなく、何をするかである。
    3.しかし投資家(銀行、ファンドを含め)は、アイデアや事業への投資ではなく、起業者個人の資産を見るから、適切な投資はしない。
    4.投資家自体に、事業内容、アイデアを見抜く眼はない。
    5.安易な起業、ジャンク・ビジネスモデルがあまりにも多い。

    書き連ねれば、切がない。

    1円資本で、起業した起業家は、登記を終えてから、「さあ、何をしようかな?」
    これでは、本末転倒である。

    投資家は“エンジェル”であるのが望ましい。
    エンジェルが、コミットメントできる起業家を育てることが望ましい。
    そして、起業家とエンジェルの出会いの場をいかに創るか。
    | 今日のつぶやき | 10:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.bd-con.com/trackback/402045