RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

三流起業家のつぶやき!

三流には、三流たる所以があるのだろう。
反省の意味合いもあり、綴ってみたい。
人生50年の大台を越え、サラリーマンであれば定年までの最終章。
ドラッカー提言の75歳まで働くことを前提にすれば、
まだ“ひと人生”は十分にある。
<< 予約の現場1 | main | ゴルフ場の経営 >>
久しぶりにリゾート会員権の営業マンを見た
0
    昨日、都営新宿線の新宿〜曙橋で、Xiv(リゾートトラスト)の営業マンを見た。
    なぜ、わかったか?
    昔ながらのアタッシュケース、それを開いて、中のものを見せている。
    パンフレットに、アプローチファイル、、、

    20年くらい前だが、資料請求したら、夜討ち朝駆け、、、よろしく、、、
    10時頃に家に帰ると、マンションの踊り場で、待ち伏せ、、、、
    「いい加減にしてくれ〜〜〜」と追い返したことがある。

    さあ、いまだにそんな営業をしているのか?知らないが、、、、

    私には、理想形があった。
    わざわざ営業が売りに行かなくても、カウンターセールスで売れる会員権だ。
    これは、営業が頑張っても無理な話だ。
    運営側で価値を高めなくてはならない。
    道半ばで、Aグループを去ることになったが、ある程度の感触は得られた。

    運営側の対応が悪いと、営業マンが予約の出先機関化?してしまう。
    自分の客の予約のオーダーを抱え込んで、営業からの申請書で予約を取ろうとする、悪循環が起こる。
    営業の申請枠を増やせば、他の会員にしわ寄せがいく。
    自分だけがよければ良いと、、、、
    結果的に、会社の評判は落ちて、営業不振に陥る。
    負のスパイラルがはじまる。

    当時営業事務の担当と話をして、本当に申請価値があるか否か、マークをつけてもらうことにした。それでも、営業事務との馴れ合い営業にはマークが付く傾向はあったが、まずますの出来で、申請は減っていった。
    従来の申請枠は、ほとんど無い状態で、申請枠は「キャンセル待ち」状態だった。
    しかし、申請が必要なものはすべて確保しながら、出先予約係分をなるべく、旅行部(運営側)に任せてもらえる信頼関係を営業との間で築いていくことができたようだった。

    | リゾート | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.bd-con.com/trackback/171642