RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

三流起業家のつぶやき!

三流には、三流たる所以があるのだろう。
反省の意味合いもあり、綴ってみたい。
人生50年の大台を越え、サラリーマンであれば定年までの最終章。
ドラッカー提言の75歳まで働くことを前提にすれば、
まだ“ひと人生”は十分にある。
<< 運用による違い、会員制リゾート | main | 婚礼衣裳の販売価格をコントロールする >>
タイムシェアリングに疑問、、、、
0
    タイムシェアリングという考え方には疑問を感じた。
    自由度がないし、制約されるくらいなら、会員制はつまらない。
    一見、合理的ではあるが、自分の意思が反映されない場合が多い。

    そこで、“早い者勝ち”“声の大きい奴が勝つ”“特定の会員だけが利用できている”など悪いイメージを否定できない予約体制に、会員自身でもコントロールできるルールを明確にすることで、いわゆる“裁量”“自身の意思”が反映される自由予約による制度を実施することにした。

    当時、面倒な社内的な決裁は必要なかった。
    これも今考えれば、恐ろしい?話ではあるが、、、、、
    私が考えた制度を、部署の部下に説明して、そのまま実行に移した。

    今で言うCRM、データマイニングの手法である。
    当時の顧客管理や予約管理は、大企業でないかぎり、リアルタイム処理と言うには、無理があり、バッチ処理を基本とするパフォーマンスだったので、予約のオペレータが瞬時に対応するには難しい。

    ならば、会員、顧客自身が明確に把握でき、また納得できる制度が重要である。
    | リゾート | 11:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.bd-con.com/trackback/166481