RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

三流起業家のつぶやき!

三流には、三流たる所以があるのだろう。
反省の意味合いもあり、綴ってみたい。
人生50年の大台を越え、サラリーマンであれば定年までの最終章。
ドラッカー提言の75歳まで働くことを前提にすれば、
まだ“ひと人生”は十分にある。
<< 会員制リゾートクラブの運営 | main | タイムシェアリングに疑問、、、、 >>
運用による違い、会員制リゾート
0
    運用、運営上の違いは、どれだけ利用できるかに反映します。

    1.タイムシェアリングという考え方。
     予め決まった日にしか利用できないタイプですね。
     年間の利用日(種類)が、年初に決められます。(クラブ側から)

     会員のメリットは、決められた日は必ず利用できる(場所限定)。
     デメリットは、連休に使いたくても、使えない場合もあるし、
     年末年始や夏休みも同様。

     運営会社側のメリットは、予約上のクレームは発生しない。
     <デメリットとして>
     利用率の悪い会員を持つと客室稼働率が低減し、運営上行き詰る。
     前記の相互のメリットとデメリットを思うと、中途半端で未成熟な
     社会であるという印象を持ってしまうのは、私だけか?

    2.早い者勝ちで、予約を受け付ける。
     ボーっとしていると、予約は取れない。
     クレームを言うか、泣き寝入りか。

    高い会員権は購入しているし、休める日は決まっているのだから、その日に予約がしたいのは、みんな当たり前だ。
    先を急いで、予約の電話が鳴り響く。
    予約係の応対の悪さ?機転の悪さ?、、に腹が立つ!
    いつも希望が通らないと、、、切れます。
    「どういう人が予約が取れているんだ」と疑念が沸く。

    ある程度納得ができるようにして、譲り合いの気持ちが持てて、6〜7割方満足が行く方法はないのか。
    客室が空いているのに、なんとか100%に近く、予約を取ることはできないのか。悩みは続く、、、、、、、果てしなく。
    | リゾート | 17:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.bd-con.com/trackback/160752