RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

三流起業家のつぶやき!

三流には、三流たる所以があるのだろう。
反省の意味合いもあり、綴ってみたい。
人生50年の大台を越え、サラリーマンであれば定年までの最終章。
ドラッカー提言の75歳まで働くことを前提にすれば、
まだ“ひと人生”は十分にある。
<< リゾート特有の利点とは | main | 会員制リゾートクラブの運営 >>
会員制の事業
0
    今でこそ、ミクシィだとか、なんだかんだとか、世の中、yahoo!はもとより会員制の囲い込み事業ををして話題になっているが、一昔前?は会員制といえば、いかがわしい?企業か、はたまたバニーガールがいる?これも、かなり?ではあるが、そんなビジネスだったのかもしれない。

    ひと昔のメンバーシップは、初期投資が必要だった。
    でも、今は、ネットで簡単に?できてしまう。
    バックボーンもなにもいらない、良い時代になったもんだ、とつくづく思う。

    私はAグループの会員制リゾートクラブのE社に入社した。
    もう25年以上前の話だ。
    8ヶ月間、営業部、会員権販売をして、その後、会員サービスの旅行部という部署に移った。

    当時の会員制リゾートには、2つのタイプがあった。
    預託金制と、区分所有権付きの会員制だ。
    区分所有権付きのものは、所有権登記をするので、登記を確認すれば、一部屋を何口で所有しているか、結構明白ではあった。
    一見、公正であるかに見えたが、一部屋を10人で所有したら、、、ほとんど予約は取れない!
    でも、10人程度は、良心的な会社であり、販売価格からもとっつきやすいのだろう、、、まあまあだったのだろう。

    私は、実質の会員数が何人いるか?の預託金制の会員制リゾートを運営していた。

    入社当時、そして、旅行部に移動当時、予約は、たぶん一握り?の有力者が大きな権力を持って、采配していた。
    よくあることではあるが、、、、

    トップシーズンには、当然、集中するので、予約は取れ難い。
    そこに相まって、営業からの販売促進用のブッキングの押さえが入る。
    ただでさえ、取れ難い予約が一層、取れ辛くなる。
    どこにでもある話しである。

    でも、この課題を3年後、劇的に変えてやった。

    なぜ、3年後か?
    1年目は、上司、先輩の言う通り、、、
    2年目には、当然、課題、問題点を認識する、、、、、
    そして、3年目、上司が私に関与しなくなった。
    好きに、試行錯誤ができる環境になった。

    それまで、トップシーズンの予約になると、大変な交渉作業が発生した。
    ひと月の残業は200時間を超える。
    若かったこともあり、それほど苦にはならなかったが、、、、
    尋常ではない。
    | リゾート | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.bd-con.com/trackback/156556